日本初 イタリア リーファーワイン専門

全ての取扱いワインの輸入は、
24時間15℃前後の定温での温度管理を徹底しています。

海上輸送上のリーファーコンテナーの使用はもちろんのこと、
イタリア内陸輸送についても定温輸送をし、
保管管理ももちろん定温倉庫にて行い、
商品の管理には最大限に配慮しています。

本当に温度管理されたワインを「リーファーワイン」と呼び、
定温管理されたワインは
まさに現地で飲むフレッシュなワインの
風味や作り手の想いをそのままあなたのもとで表現してくれます。

●ノンリーファーの場合

●リーファーの場合

ノンリーファーの場合は、輸送中に大きく温度が変化していることが分かります。(最高40℃近くに到達)
リーファーの場合は、大きな変化がなく安定した温度で輸送されます。

同じ銘柄のリーファーとノンリーファーを飲み比べると、

ブラインドテストでも明らかに味や香りの違いが分かります。


活きたワインの豊かな香りと、

研ぎすまされた味わいを楽しんでいただくことができます。


リーファーワインは、ノンリーファーと比較した際、

輸送経費の関係でどうしてもコスト高となりますが、

同じ価格帯/産地/品種のワインでを飲み比べてみてください。


コストパフォーマンスの高さを実感していただけるはずです。

イタリアは職人の国と昔から言われているように、
こんな分野にまで職人がいるのかと驚かされることが多いものです。
ワインの世界も例外ではありません。

イタリアのワイナリーを巡ると、各造り手が実に多種多様の考え方で、
そして自分自身が最も良いと信じる方法でワイン造りをしています。

イタリアワインは、
その土地のそのブドウでなければ味わえない個性的なワインが多く、
ガイドブックの評価だけではカバーしきれない魅力を持った「造り手」が、
まだまだ多く存在する魅力的な生産地です。

よりおいしいワインを楽しめるよう、
常にアンテナを張り、情報を集めていきたいと考えております。

メールマガジンの登録

ソーシャル

未成年の飲酒は法律で禁止されています。当店では20歳未満の方への酒類の販売はおこなっておりません。

Goodsieで制作すれば
すぐに開店可能 →