ルイジ・テガはウンブリア州ペルージャ市の南東約30kmにあるフォリーニョ市近郊に 広大な自社オリーブ畑を持ち、1950年から良質のオリーブオイルを作り続けています。 ルイジは、品質の個性を最大限に引き出すオリーブの栽培と高品質のオイル作りの両方で 優れた見識を持った、まさに「オリーブオイルの達人」。それは彼の作るオリーブオイルが 国内外のあらゆる品評会やガイドブックで毎年、非常に高い評価を受けていることでも 実証されています。標高約400m、朝晩の気温差が大きいこの地域で長年育まれた 地場品種「モライオーロ」をメインにブレンドすることで豊かな香りと苦み、辛味を バランス良く上品に仕上げています。 また、イタリア国内でも数少ないシノレア式と遠心分離方式、両方の設備を自社の搾油所に 設け、果実の収穫後24時間以内に圧搾しています。搾油後のオイルはフィルターにかけられ 不純物や余剰水分をきれいに除去。特に澱引き作業は手間のかかる工程ですが、オイルの 美味しさを保つ為に必要不可欠なプロセスで、瓶内発酵を引き起こす心配もありません。 その後、12〜15℃に温度管理された脱酸素のステンレスタンクで保管され、注文ごとに ルイジ自身が必ずティスティングをし、完璧な状態のオイルを瓶詰めして出荷しています。

ルイジ・テーガ

1商品

  • < 前
  • 次 >
1件 1-1表示
  • <
  • 1
  • >
1件 1-1表示
  • < 前
  • 次 >

産地から探す

モバイルショップ